2022年10月23日 (日)

COMPETITION JACKET その5

先日インフルエンザワクチンを接種し、まだ腕に痛みが残る中、続けて5回目のコロナワクチンの接種券も届きました。
3ヶ月の間隔に縮まったため、来月には接種可能だけど、何だかな~だね。
さて、今回も古い雑誌の画像からコンペティション・ジャケットです。
2022年9月25日のコンペティション・ジャケットの最初の記事の最初の写真で、シルバーのキルティング・ジャケットと記載してますが、多分これかなの写真です。
1967年5月3日に行われた第4回日本グランプリのパドックで生沢選手が着用してるっぽいのですが。
Rmti20221012
スポンサーのワッペンがカッコ好いですね。
私もワッペン貼ってみようかな。
さて、コンペティション・ジャケットの手持ちの写真は以上です。
また見つけたら紹介しますね。

| | コメント (6)

2022年10月16日 (日)

COMPETITION JACKET その4

時と場合によってはマスクを外してもとのことですが、まだまだ心配なのでマスク着用で外出も必要最低限に基本ステイホームです。
さて今回はコンペティション・ジャケット番外編、50年ぐらい前の古い写真から、山陰地方勤務時代のトヨタスポーツ800の思い出を。
購入したときは約10年落ちの中古車、フロントグリルや、前後のバンパーが外され、塗装も艶が無い状態でした。
フェンダーミラーはレーシング・メイトの砲弾型に交換、フロントグリルやバンパーが無いので、ミラーを交換しただけでレーシーな雰囲気になったかもです。
Tyotas80020220929-2
10月9日のフロントウインドウ越しの大山に、行けるところまで行ったら、やっぱり雪だったの図です。
屋根やリアウインドウにある雪は、雪遊びです。
Ts80020221015-2
島根県益田市の延々と続く砂浜で有名な持石海岸に行ってみたの図です。
Ts80020221015-1
砂利、雪、砂の思い出かもですね。

| | コメント (8)

2022年10月 9日 (日)

COMPETITION JACKET その3

明日はスポーツの日と言うことで、オープントップのスポーツカーで空いた山坂道を風を感じながら楽しみたいですね。
50年ぐらい前の写真ですが、
Tyotas80020220929-1
爽やかな風を受けながら走るときの出番は、やっぱりレーシング・メイトのコンペティション・ジャケットですね。
Rmcj20221001-1
コンペティション・ストライプがやる気なるかもです。

| | コメント (8)

2022年10月 2日 (日)

COMPETITION JACKET その2

屋根をオープンにして風を感じながらドライブすると気持ち好い季節になりましたが、先ずはオープンカーを手に入れなければとですね。
と言うことで、コンペティション・ジャケット、今回はVAN製です。
コンペティション・ストライプがやる気になりますね。
Cj2022092242
そして、手持ちのVANスポーツ製のレーシング・メイトです。
Rmcj20221001-2
レーシング・メイトはVANスポーツが作っていると思い込んだのが、このコンペティション・ジャケットなんです。

| | コメント (8)

2022年9月25日 (日)

COMPETITION JACKET

シルバーウイーク、長い方は9連休だそうですが、何時ものようにステイホームで何もしないうちに終わり、明日からも変わらない日々なのが何だかな~です。
さて、前述のVAN・FANの時にレーシング・メイトについてコメントしたのが、ちょっと気になったので古い雑誌の記事を調べてみました。
今回の題名のコンペティション・ジャケットについては当ブログのバックナンバーの2006年9月18日に1度取り上げていますが、50年以上前のカーマガジン誌の写真をよく見ると、このシルバーのキルティング・ジャケットと、
Cj2022092243
黄色のストライプの入ったジャンパーは、
Cj2022092244
ミスターヴァンのレーシングメイトのようでした。
Cj2022092241
レーシング・メイトはVANスポーツが製作しているとVAN・FANのコメントで言っていますが、ミスターヴァンも製作していたようですね。

| | コメント (8)

2022年8月14日 (日)

多摩川スピードウエイ その4

台風一過、近所をちょっと散歩で多摩川スピードウエイの様子を見てきました。
多摩川スピードウエイの観客席だった所は一切撤去され、強固な堤防として生まれ変わっていました。
Ts20220808-2
堤防上に白いところがあるので近づいて見ると、
Ts20220808-1
工事前は観客席の一番下に設置されていた多摩川スピードウエイの記念碑が、堤防上に移設されてました。
Ts20220808-3
工事の影響でしょうか、左上にヒビが入っているのが惜しいけど、記念碑が残されたのは嬉しいですね。

| | コメント (6)

2022年4月24日 (日)

Lotus Elan修復編 その2

小暮模型のロータス・エランの修復はこんな感じがカッコ好いかもですが。
Elan20220330
浮谷東次郎氏がドライブしたロータス・レーシング・エラン、ブリティッシュ・レーシング・グリーンにロータス・レーシング・イエローのラインです。
う~ん、いいね~!

| | コメント (4)

2022年4月10日 (日)

Lotus Elan その3

昨晩はサントラさんから連絡をいただきBS11チャンネルの自動車修復番組ロータスエラン編を視聴しました。
Elan20220410-1
実車はやっぱりカッコイイね。
Elan20220410-2
う~ん、こんなの見ちゃうと実車が欲しい欲しい欲しい病になっちゃいますね。
さて、模型のエランの修復はどうしようかな~。

| | コメント (2)

2021年12月19日 (日)

多摩川スピードウエイ その3

日本のモータースポーツの歴史遺産、多摩川の河川敷にあった多摩川スピードウエイの観客席を強固な築堤にする工事は2ヶ月足らずの内にもう観客席は跡形もなくなっていました。
Tsw20211217
強固な築堤の実力はもちろんですが、スピードウエイの記念碑みたいのができたら嬉しいですね。

| | コメント (6)

2021年11月 7日 (日)

HONDA N360修復編

感染者が減ってきていますが、相変わらずステイホームでHONDA N360の修復を始めます。
N360と言えば、レーシング・メイトのこんな感じが大好きですが、
N36020211107
先頭を走るのがレーシング・メイトぽいかな。
N36011071
当時の軽自動車レースはN360の独壇場ですね。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧