2022年5月 8日 (日)

Lotus Elan修復編 その4

大型連休もアッという間に最終日ですが、ほぼサンデー毎日なので影響なく模型作りを続けます。
引き続きインターネットで検索すると、小暮模型は1967年7月(昭和42年)に廃業し、その後小暮模型のロータス・エランの製品金型をバンダイが買い取って模型市場に参入したようです。
バンダイは小暮模型のロータス・エランを改造、モータを後ろのトランク内に移動し、電池を前側のエンジン部分に搭載するように設計変更をして1968年4月(昭和43年)に550円で販売開始したとのことです。
画像はインターネットから拝借しました。
バンダイの箱はこんな感じで、小暮模型の赤系から白系に変更されています。
Elan202204242
中身はこんな感じで、箱と同じ白いプラスチックで成形され、前側に搭載する電池を出し入れするために、エンジンフードが別部品になったようです。
エンジンフードが別部品になった影響かどうかは分かりませんが、100円値上げです。
当時の子供にはちょっと痛いかもですね。
Elan202204243
モーター(エンジン)は前側にあった方が実車に近いと思うのですが、バンダイの改造は如何にあったのでしょうかね。

| | コメント (6)

2022年5月 1日 (日)

Lotus Elan修復編 その3

ほぼサンデー毎日の生活ですから、大型連休などには惑わされることなく模型作りを続けています。
インターネットで調べてみると、小暮模型のロータス・エランは1964年(昭和39年)11月、450円で発売されたとありました。
クリスマスか、正月のお年玉で購入したのかもですが、当然記憶は無いです。
インターネットの画像を拝借したので、ちょっと画像が粗いかもですが、こんな箱に入っていたのですね。
Elan20220424
1/20の縮尺で全長は19cmぐらいの大きい模型です。
当時の模型ですから、モーターで走行できるようになっています。
その構造はちょっと凝った設計で、実車のミッション当たりにモーターが設置され、実車同様にプロペラシャフトで後輪に動力を伝達する様になっています。
トランク部分に電池が入るため、トランクの蓋は取り外しできるようになっています。
また、前輪操舵はもちろん、前後のサスペンションも凝った設計でコイルスプリングによる独立懸架です。
さらに、ドアの開閉、ドアの窓の開閉ができるようになっています。
Elan20220424_20220501164801
450円って、現在だと1万円ぐらいですかね。
高価な模型だからか、可動部分が盛りだくさんで製作が楽しめたのでしょうね。
修復は、やる気、根気、ローガン、細かな作業の手先の震えなどで楽しめますね。

| | コメント (4)

2022年4月24日 (日)

Lotus Elan修復編 その2

小暮模型のロータス・エランの修復はこんな感じがカッコ好いかもですが。
Elan20220330
浮谷東次郎氏がドライブしたロータス・レーシング・エラン、ブリティッシュ・レーシング・グリーンにロータス・レーシング・イエローのラインです。
う~ん、いいね~!

| | コメント (4)

2022年4月17日 (日)

Lotus Elan修復編

相変わらずのステイホームで時間もあることだしと言うことで、小暮模型のロータスエラン、思い切ってエイ!ヤア!と分解、塗装を剥がしました。
Elan20220114
やっぱり、あのように仕上げようかな。

| | コメント (6)

2022年4月10日 (日)

Lotus Elan その3

昨晩はサントラさんから連絡をいただきBS11チャンネルの自動車修復番組ロータスエラン編を視聴しました。
Elan20220410-1
実車はやっぱりカッコイイね。
Elan20220410-2
う~ん、こんなの見ちゃうと実車が欲しい欲しい欲しい病になっちゃいますね。
さて、模型のエランの修復はどうしようかな~。

| | コメント (2)

2022年4月 3日 (日)

Lotus Elan その2

日曜日で最高の桜の見頃日よりなんですが、雨降りなのでステイホームを決め込んで模型いじりを楽しんでいます。
小暮模型のロータス エランは2010年3月7日の記事に完成時の写真を掲載していますが、改めて掲載いたします。
中学生の頃の撮影で当時のカメラで接写したせいかボケボケで申し訳ありませんです。
後ろの手書きの風景にピントがいっているようですね。
Elan20220327-2
後ろはこんな感じです。
Elan20220327-1
ピンぼけの方が良く見えるかもですね。

| | コメント (6)

2022年3月27日 (日)

Lotus Elan

当地では桜の満開宣言がありましたが、近所の街路樹の桜を見る程度で、相変わらず基本はステイホームで我慢を楽しんでいるのかもです。
と言うことで、50年以上前に製作した小暮模型のロータス エランの状態はこんな感じです。
Elan20211125-3
裏側は見えないからと手抜き塗装かもですね。
Elan20211125-4
中学生の頃の製作なので、このままでも好いかなと思うのですが、どうしようかな。

| | コメント (4)

2022年3月20日 (日)

HONDA N360修復編 その13

このHONDA N360の縮尺は1/20なので同一縮尺のコグレ模型のロータス エランと並べてみました。
HONDA N360もロータス エランもちょうど同じ時期に製作したので、エランは大分くたびれていますね。
写真がピンぼけっぽいけど、エランはやっぱりカッコ好いですね。
Elan20211125-2
Elan20211125-1
今度はエランを修復しようかな。

| | コメント (6)

2022年3月13日 (日)

HONDA N360修復編 その12

HONDA N360の完成その2です。
この模型はドアが開閉できるようになっていますので、
N36020211123-3
運転席側からと、
N36020211123-1
助手席側です。
N36020211123-2
毎度、TシャツシートカバーとVANの袋でアイビーを主張です。

| | コメント (6)

2022年3月 6日 (日)

HONDA N360修復編 その11

東京マラソンや、冬の祭典第2弾をテレビで観戦しながら、HONDA N360の修復が完成です。
N36020220306-1
後ろ姿は、
N36020220306-3
ちょっとだけアイビーを主張かな。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧