« CHAPARRAL Ⅱ-C 修復編 その8 | トップページ | VAN・FAN 復活 »

2024年4月28日 (日)

CHAPARRAL Ⅱ-C 修復編 その9

大型連休中ですが遠出の予定は無いのでチャパラルの修復を進めています。
写真は1965年12月のナッソー・スピードウィークを走行するチャパラルです。
ゼッケン66がジム・ホールのチャパラル2C、65がハプ・シャープのFRPシャシーの2Aにリアウイングを装着した車です。
C2c20230820-9

チャパラルと言えばゼッケンは65、66、2Cは66なので、キットの62は残念ながら使えないですね。
と言うことで66を水転写デカールで製作しました。
裏返しと思うけど、この面が接着側です。
C2c20230820
デカールを貼って完成です。
C2c20230820-1
スロットカーで製作した1/24スケールの2Aと比較すると大きさが分かります。
C2c20230820-2
上の写真の通り、箱絵はゼッケン65、ハプ・シャープのFRPシャシーの2Aと言うことが良く分かりますね。
詳細写真は次回紹介します。

|

« CHAPARRAL Ⅱ-C 修復編 その8 | トップページ | VAN・FAN 復活 »

コメント

MR・Hさん、こんにちは。
チャパラル2C完成おめでとうございます。水転写デカールを自分で作製出来るんですか?凄いですね!昔のモノクロ写真もナイスです。ジェット型ヘルメット、ゴーグルに顔に巻いた白い布、時代を物語ってますね。1/24のスロットと比べると1/16はこんなに大きいんですね!この当時かなりの値段だったことでしょうね。

投稿: サントラ | 2024年4月29日 (月) 14時11分

サントラさん、こんばんは。

ありがとうございます。
水転写デカールの製作はPLUS社からインクジェット・プリンターで印刷できる水転写シートなる製品がありますので利用しています。
インクジェット・プリンターで白は印刷できないのですが、今回はボディが白なのでゼッケン・サークルがそれなりにできました。
この時代のジェット型ヘルメットが好きですね。
このシャパラル修復編の最初に記載しましたが、値段はモーター付きで800円です。
当時タミヤのスロットカーが1000円ぐらいでした。

投稿: MR・H | 2024年4月29日 (月) 21時47分

MR・Hさん、こんにちは。

ついに完成おめでとうございます。修復に改造を加えて、半世紀以上のブランクが埋まりましたね。大型連休ばかりでなく時おりこれを眺めては、ニヤニヤして幸せな時をお過ごしください。

投稿: TRAD | 2024年4月30日 (火) 11時19分

TRADさん、こんばんは。

ありがとうございます。
何時も目に付く所に展示して、毎日ニヤニヤしています。

投稿: MR・H | 2024年4月30日 (火) 22時18分

むかーし、エルヴィスの愛機「リサマリー号(コンベア880)」を作った事があるんですが、キットはネットで探して浦安のプラモ屋まで買いに行ってボディはマスキング使って塗り分けできましたが、エンジンとか機種につくマークを転写シールで作りました。最後はエルヴィス・ファンの女性に差し上げましたが残しておけばよかったと後悔しています。


https://youtu.be/NnT8ZAjGvzo

投稿: brighthorn | 2024年5月 1日 (水) 06時26分

brighthornさん、こんばんは。

惜しいですね。
当時はそれが最良の選択だったのでしょう。
是非もう一度製作してみてはいかがでしょうか。

投稿: MR・H | 2024年5月 1日 (水) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHAPARRAL Ⅱ-C 修復編 その8 | トップページ | VAN・FAN 復活 »