« 1940 FORD COUPE 修復編 | トップページ | 2nd  »

2023年9月24日 (日)

1940 FORD COUPE 修復編 その2

お彼岸のお墓参りから帰宅後、本日の鈴鹿F1グランプリでレッドブル・ホンダが優勝のニュース、F1コンストラクターズタイトルを獲得って嬉しいと思いながらフォード・クーペの修復を進めます。
行方不明のエンジン部品はエンジン上側の吸気孔のカバーの上側、エンジン下側の右側排気管です。
排気管は車体の下側なので見えにくいから取りあえず放置することにして、上側の吸気孔のカバーを木粉粘土で製作して、
Fc20220827-3
塗装して接着します。
Fc20220830
今回は当時の塗装はそのままで、バラバラの部品は仮組みの要領で組み立てて完成です。
Fc20220904-2
フォード・クーペはこんな背景が似合うかもですね。

|

« 1940 FORD COUPE 修復編 | トップページ | 2nd  »

コメント

「みなさん、遅くなってごめんなさい!キャブ調整してたもので」て雰囲気かな。
背景もアメリカンぽくって素晴らしいです

投稿: エブリィ太郎 | 2023年9月25日 (月) 05時31分

MR・Hさん、こんにちは。

木粉粘土を細工してエンジンを修復完了ですね、そしてフロントバンパーも復活しましたね。黄色いフォードクーペは、カリフォルニアのドライブイン前には似合います。映画アメリカングラフィティの世界ですね。

投稿: TRAD | 2023年9月25日 (月) 13時02分

エブリィ太郎さん、こんばんは。

背景は映画アメリカングラフィティのサウンドトラック盤のメルズドライブインの絵ですね。
映画の出演者達の待ち合わせ場所や溜まり場的雰囲気で描かれていました。
こんなドライブインは今でも欲しいと思っています。

投稿: MR・H | 2023年9月25日 (月) 22時34分

TRADさん、こんばんは。

エンジンフードは開閉できてエンジンを見ることが出来るのですが、今回はエンジンフードから飛び出た吸入口だけ修復しました。
黄色のフォード・クーペには、やっぱりメルズドライブインが似合いますね。

投稿: MR・H | 2023年9月25日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1940 FORD COUPE 修復編 | トップページ | 2nd  »