« AUSTIN HEALEY SPRITE MK1 修復編 その8 | トップページ | 2nd »

2023年7月 2日 (日)

MG MIDGET 製作編

長いステイホーム生活で、このATCもすっかり模型製作ブログですが、小学生の頃から始めた趣味なので時間があるとどうしても製作したくなっちゃうのでご容赦くださいね。
さて今回はスプライトの姉妹車というのでしょうか、エムジー ミゼット(ミジェット)を製作してみます。
模型は日東化学教材社が1965年(昭和40年)3月に1/24スケールで250円で発売したものです。
当時の模型ですからモーターで走行し、障害物の当たると自動的に止まる装置が仕込まれています。
Mgm20230701
箱絵とボディはチェリーレッド風ですね。
この模型の難点は車高が高いことかな。
Mgm20230701-2
当時はスロットカーにしようと購入したと思いますが、製作せずにそのまま納戸保管となりました。
モーターで走行させて障害物に衝突させて止まるかどうかを見るのも面白そうですが、今回はスプライトと同様に観賞用としてモーターは搭載せずに製作してみます。

|

« AUSTIN HEALEY SPRITE MK1 修復編 その8 | トップページ | 2nd »

コメント

MR・Hさん
新たなスタートですね、子供の頃ってあっちこっちにスロットカーのコースがありましたよね。
僕の住む府中も数十ヶ所あり縄張り意識みたいな感情が湧き「あそこは1小の子が多いとかこっちは3小の子だとか」言いながら数人で道場破りみたいな子がいたりしました、喧嘩にはなりませんが負ける肩身が狭くなったりリベンジに燃えたりもした思い出があります(笑)

投稿: 田沢雄一 | 2023年7月 3日 (月) 07時40分

田沢さん、こんばんは。

今回はスプライトの姉妹車を選んでみました。
58年前のプラモデル、どうなることやらです。

スロットカーが日本に入ってきた頃は、あっという間に日本全国にサーキットができましたね。
私もあちこちのサーキットに走らせに行ってました。

投稿: MR・H | 2023年7月 3日 (月) 22時47分

MR・Hさん、こんばんは。

当時、物に当たると止まるショッキングブレーキ付のモデルが在ったのですね。さて今度はスプライトの親戚仲間のような、赤いMGミゼット(ミジェット)ですか。こちらも憧れの英国車ですね。飾って眺めてニヤニヤするのが宜しいかと思います。

投稿: TRAD | 2023年7月 5日 (水) 00時07分

TRADさん、こんばんは。

大好きな英国のライトウエイトスポーツカーですから何とか完成させていと思っています。
さて、どうなることやらです。

投稿: MR・H | 2023年7月 5日 (水) 22時18分

MR・Hさん、こんにちは。
私も同じ小学生の頃からプラモ小僧でしたから、親近感が湧きます。58年前のデッドストックとはスゴイですね、三丁目の沼wにはまだまだ埋もれているのでしょうか?私も古い新品箱入りプラモを十数個ストックしてます。リタイヤしたのでぼちぼち始めようかと思っています。スロットも1/24と1/32各3台づつありますが、出番がないのでタイヤが接地しない様に、逆さにして保管してます😊

投稿: サントラ | 2023年7月 6日 (木) 11時10分

サントラさん、こんばんは。

小学生の頃から、多分欲しい欲しい病だったかもです。
お察しの通り3丁目の納戸は出番を待つ模型で大変なことになってます。
ご存じのようにプラモ製作は、やる気、根気、ローガン、指先の震えなどの楽しみがいっぱいです。
頑張って製作してくださいね。

投稿: MR・H | 2023年7月 6日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AUSTIN HEALEY SPRITE MK1 修復編 その8 | トップページ | 2nd »