« PORSCHE910 修復編 その3 | トップページ | PORSCHE910 修復編 その5 »

2022年11月27日 (日)

PORSCHE910 修復編 その4

サッカーワールドカップに感動をいただきながら、ステイホームでカレラ10の修復です。
古い転写マークを剥がし、タキレーシングチームの矢印風の塗装をして、外れた部品を取り付け、保存していた古い転写マークを貼って完残です。
残念ながらフロントウインドウの真ん中に着くワイパーが見つかりませんでした。
Tp91020221115-3
Tp91020221115-4
モーターの回転と走行は次回、さてどうなることやらです。

|

« PORSCHE910 修復編 その3 | トップページ | PORSCHE910 修復編 その5 »

コメント

MR・Hさん、こんばんは。
もう完成したんですか?早かったですね。
矢印形ストライプの塗装は、フロントフェンダーの盛り上がり部分のマスキングが難しくなかったですか?こう見ると車体がかなり低いですね。
あとは、モーターが回って上手く走るといいですね。

投稿: サントラ | 2022年11月27日 (日) 21時48分

サントラさん、こんばんは。

今回はボディ全体のホワイトは古い塗装のまま使用し、ストライプのみの塗装ですからチャチャっと仕上げました。
カーブのマスキングはシワが寄りやすいのでゴシゴシこすってシワを消しました。
この模型は4輪にプラスチックの弾性を利用したサスペンションが仕込まれていて、経年で大分ヘタリがでて車高が下がっていると思われます。
このサスペンションのヘタリが走行に影響しているようです。

投稿: MR・H | 2022年11月27日 (日) 22時40分

MR・Hさん、こんばんは。

デカールシールを貼ることで凄くリアルに再現できるものですね。あのカッコいい箱絵から、まるで飛び出したみたいで惚れ惚れします。

投稿: TRAD | 2022年11月28日 (月) 22時20分

TRADさん、こんばんは。

当時からタミヤ模型の再現度は素晴らしいと思います。
デカールで全く違うカレラ10になりますよね。

投稿: MR・H | 2022年11月28日 (月) 23時01分

MR・Hさん
ほぉ〜リアルですね!バックの写真がリアルさを更に感じさせてくれます。
ワールドカップは凄いですよね、やはり日本が勝つと気持ちも盛り上がります・・・スペイン戦厳しい試合になると思いますが「がんばれ日本」決勝トーナメント戦へ駒を進めて欲しい。
明日やっと5回目の ワクチン接種予定です、神奈川は東京に次いで感染者数が多いんですが目立ちません・・・一時期高校生はマスクなしで登下校してましたが、最近はみなさんマスクをしています。

投稿: 田沢雄一 | 2022年11月29日 (火) 07時09分

田沢さん、こんばんは。

タミヤ模型の再現度が素晴らしいので、リアルに感じますね。
ワールドカップは初戦でアドレナリンが出まくりで、睡眠不足になりました。
感染者が一気に増えてきたので、感染予防は大事ですね。

投稿: MR・H | 2022年11月29日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PORSCHE910 修復編 その3 | トップページ | PORSCHE910 修復編 その5 »