« HONDA N360修復編 その4 | トップページ | HONDA N360修復編 その6 »

2021年12月 5日 (日)

HONDA N360修復編 その5

ボディの塗装が乾くまでの間にシャーシを修復します。
実車は前輪駆動ですが、このモデルは後部にモーターを搭載し、床下に電池を搭載し、後輪を駆動して走行します。
高いと感じた車高は、前後の車軸受けを2mm程下げてみました。
N36020211112-2
前輪駆動で走行させたいけどね・・・!

|

« HONDA N360修復編 その4 | トップページ | HONDA N360修復編 その6 »

コメント

MR・Hさん
クルマは詳しくないのですが、あの当時からホンダはFFを採用してたんですか!FRが当時主流だと思い込んでました。

投稿: 田沢雄一 | 2021年12月 7日 (火) 10時45分

田沢さん、こんばんは。

そうですね、当時はFRが主流でしたね。
N360はFFレイアウトにバイクの高出力エンジンで人気がありました。
私も最初に購入したのが、中古のN360のVANタイプでした。

投稿: MR・H | 2021年12月 7日 (火) 22時59分

MR・Hさん、こんにちは。

さすがですね、車高を調整されたんですか。前輪駆動に改造するのは、ちょっと手強い感じですよね。ご自身がかつて乗っていた車だから、さぞかし思い入れが強かろうと想像しています。

投稿: TRAD | 2021年12月 8日 (水) 12時09分

TRADさん、こんばんは。

N360は今でも乗りたい車なので、乗るんだったらこんな感じでと製作しています。
前輪部分にステアリング装置があるので、前輪駆動は難しいかもです。

投稿: MR・H | 2021年12月 8日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HONDA N360修復編 その4 | トップページ | HONDA N360修復編 その6 »